ほっこりさん

子育て・転勤族・音楽・・・・九州在住アラフィフ主婦が好きなことを綴ります。

孤独を感じるアラフィフ主婦の本音と心の闇。

家族がいても、孤独を感じるときありませんか?

現在、わたしは49歳主婦。

最近、気分が落ち込んで、どうしようもなくへこむ日が続いています。
もう大丈夫と思っても、ふとした出来事でまた落ちる…。

夫婦関係、人間関係、健康問題等々、理由は様々ありますが、

結局、最終的に、
「わたしの人生って何だったんだろう。」
という漠然とした思いと、

「これからの人生、これまで以上に楽しいことがあるのだろうか。」
という今後の人生の不安。

更年期もあるんでしょうね。
体の不調心の不安定が同時にやってきました。


この記事は、アラフィフのわたしが、ついつい考えてしまうこと、無口な夫について等の現在進行形の経験談です。あくまでも、解決策ではありません。

40代、50代の女性、無口な夫をもつ主婦の方、最後までご覧いただけたら幸いです。

考えてしまうこと。

子どもに手がかからなくなり、じぶんの時間がふえたアラフィフ主婦。
今までは、全く考えもしなかった、「人生」について考える時間が増えました。

普段は、まぁまぁ忙しく、前向きに生活しています。
でも、一旦へこむと、ネガティブな感情でいっぱいになり、とてつもなく虚しくなるんです。
過去の嫌な記憶がよみがえり、さらに落ち込みます。

そして、
「長生きしたくないなぁ。」
「わたし一人いなくなったところで、誰も困らないだろうなぁ。」
「死ぬより孤独の方が怖いなぁ。」
「子どもに迷惑をかけたくないなぁ。」
「長生きすればするほどお金が必要になるなぁ。」
とか、悶々と考えてしまいます。


生きたくても生きられない方もいらっしゃいます。
嫌な気持ちになった方もいると思います。ごめんなさい。

わざわざ口に出すことではないのですが、これが本音。

 

相談

ふり返ってみると、つらいとき、悩んでいるとき、ほとんど誰にも相談したことないんですよね。
変なプライドだけが高くて、人に弱いところを見せられない。
じぶんの気持ちを言葉にするのが下手で、うまく伝えられず、どうせ自分の悩みなどわかってもらえないとか、こんなこと言ったら迷惑ではないかと思ってしまう。

もっと器用に生きられたらなぁ。

 

家族

夫は、無口です。夫婦喧嘩になっても、黙り込むタイプ。
わたしが言いたいことを言って、それでも何も返ってこないと、悲しくなり、不機嫌になり、結局、自己嫌悪に陥ります。

言って欲しいことを言ってくれない、やって欲しいことをやってくれないと、不満が募り、余計虚しくなります。

夫からしたら、迷惑でしょうね。
当然、夫には夫の言い分があるのだと思うし、正論で言い返されたら落ち込むかもしれない。

そもそも、人間って変わらない。

分かってはいても、慣れたつもりでいても、1人より寂しいんですよね。

子どもがいなくなったら、どうなるんだろう?
「離婚」という言葉が頭をよぎることもあり、これから先、不安しかありません。

 

母親

母親に悩みを話したことはありますが、正論で返され、余計傷ついたことがあります。つらいときの正論はきつかった。正しいんですけどね。

 

人に期待しないようにと思ってはいるものの、どうしても家族には甘えてしまいます。
普段は、当たり前のように家族に甘えていますが、ほんとうにつらい時、本心を見せられない。
とても孤独を感じます。

 

心の闇と更年期

結局、わたしは、じぶんのことが好きじゃない。
へこんでいる時は、特に嫌になります。

職場でも日常生活でも、なんとかやりこなしているし、「悩み事なさそう。」と言われますが、それは仮の姿。
心の中は、が深すぎる。

家族がいて、生活に困ることはない生活ですが、ふと孤独を感じることがあります。
ついつい、人を羨んでみたり、比べてへこんだり。
そして、結局、自己嫌悪に陥る。

これは、更年期のせい?
ここ最近、へこんだり浮上したり、またへこんだりをずっと繰り返しています。

もともと楽観的な性格ですが、今回は、長い。きつい。
じぶんは大丈夫と思っていましたが、危うさを感じる今日この頃です。

 

あ~ぁ、楽しいブログを目指していましたが、心の闇をはいてしまいました。

でも、今回、ブログで吐き出せて、少し気持ちが楽になりました。
人生長すぎるけど、まだまだ続いていく…。
とりあえず、少しずつでも、楽しいことを探していかなくてはいけませんね。

こんな暗~い人もいるんだと思っていただけたら幸いです。

huuharu.com

 

huuharu.com

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

  ブログランキング・にほんブログ村へ  にほんブログ村 子育てブログへ